広告の玉手箱 | グリップ

グリップのAbout_us 問合せフォームへ グリップのRSS グリップのWebサイトのサイトマップ

Home > Webの話題 TOP > ブラウザを目覚まし時計(アラーム)にする。

BLOG

ブラウザを目覚まし時計(アラーム)にする。

JavaScriptの小ネタと少しだけModxの話。

2009.09.09


webの話題テーマ画像

目覚まし時計もWebで。

「寝る時くらいPCを消したら?」という声もありますが、ネットでの調べものや作業など、PCがあって当たり前。いちいち起動・終了などしていられないという人も多いのではないでしょうか。
もちろん筆者(管理人)もその一人。
PCに目覚まし時計ソフトでも入れておけば済む事ですが、何かを起動したり、常駐させるのも嫌だったりします。
そこで、ブラウザで動作する「目覚まし時計」を探してみると、Flashを使った凝ったサイトが結構あります。
しかし、ふと思いました。「時間をカウントダウンして、アクションを起こすのってJavaScriptが得意じゃないの?」。
ところが「目覚まし時計 JavaScript」で検索してもなかなかヒットしないもの。
英語サイトで発見しました。
それがこれ。

現在時刻:
アラーム時刻:
移動するページを指定:

※動画など音のするページのURLに書き換えてください。

時間が来たら、Youtubeの動画など、予め指定したページに飛ぶ仕組みです。
上記URLのままだと恥ずかしくて目が覚めます(笑)。
引用元:http://www.javascriptkit.com/script/script2/alarm.shtml

ちょっとだけModxの話。

チャンクの作成画面

引用元のサイトを見ると、ヘッダ部分に貼り付ける「JavaScript+CSS」の部分と、「html」の部分の2つのソースが用意されています。
Webページに直に埋め込んでも良いのですが、Modxでは、CSSやJavaScript、htmlなどを「チャンク」とよばれる小さな塊のリソースとして管理できます。
例えば、前述の2つのリソースをチャンクに保存した場合、ヘッダと本文にそれぞれの{{チャンク名}}だけを記せば良くなります。
本文中の上の目覚まし時計の部分は、{{alart}}とだけ記されています。
ヘッダの共通部分や、よく使うCSS、JavaScript、htmlなどを細切れにし、リソースとして管理しておくと、サイトの構築や変更がとても容易になります。
「目覚し」だけでは寂しいので、ちょっとだけModxの話題を絡めてみました。

 

2009.09.09

記事制作:管理人


コメントをどうぞ


If you have trouble reading the code, click on the code itself to generate a new random code.

News

ニュース一覧

Services

記事はありません。

サービス一覧

Pick up MOVIE

桜を撮っていたら予期せぬものが・・・

 桜を撮っていたら予期せぬものが・・・

2015/04/24

池袋の桜の名所、法明寺にて。…

記事を読む

Pick up PHOTO

華麗なる?喫煙具生活のはじまり。

華麗なる?喫煙具生活のはじまり。

2014/04/23

まだ足を踏み入れたばかりの喫煙文化。…

記事を読む

Pick up PHOTO

青葉の神田川遊歩道。

青葉の神田川遊歩道。

2013/05/20

面影橋~新江戸川公園前まで。小径の魅力。…

記事を読む

Today's Book

伊勢物語・大和物語・平中物語を読んだ。

小学館/日本古典文学全集8 竹取物語・伊勢物語・大和物語・平中物語

2013/11/23

小学館/日本古典文学全集8 竹取物語・伊勢物語・大和物語・平中物語…

記事を読む

ブログ一覧へ

Sitemap

RSS

ページの先頭へ

ページの先頭へ